飛騨季節料理 肴ではA5ランクの飛騨牛はもちろん、飛騨ならではの四季の食材を調達料理。
「肴 店主の日記」では、飛騨の旬の情報や食材、料理をご紹介します。
現在「スタッフを募集」しております。 野山を駆け回り食材の調達といったフィールドワークが好きで、調理補助、接客サービスに興味がある方はお電話(tel 0577-36-1288)にてお気軽にお問い合わせください。

肴の夏料理【天然”青鰻”入荷!】

f:id:sakana-tensyu:20200811065111j:plain

f:id:sakana-tensyu:20200811065131j:plain

f:id:sakana-tensyu:20200811065148j:plain

   上三本白色をしている方が300g台です。

f:id:sakana-tensyu:20200811065207j:plain

f:id:sakana-tensyu:20200811065231j:plain

f:id:sakana-tensyu:20200811065301j:plain 

先日、岡山県の鰻漁師さんから汽水域で獲れる天然青鰻を

今回は1本200g台と300g台を購入しました。

白焼き・タレ焼きと両方で試してみました。

私は川で獲れた天然の鰻は何回か食べていますが、

明らかに汽水域で獲れる青鰻は身質は柔らかくて

脂、旨味がくどくないというか上品な感じです。。。

川で育った鰻は川が硬く味、脂が濃くて野生感が強いです!

私は両方とも好きですが総合的なバランスでは青鰻が良いかな、、、

今回は大きさでどのような違いがあるのかが気になり

2種類の大きさの鰻で食べ比べてみました。

200g台は脂が程よくさっぱりとしてて鰻の味が分かりやすく

食べ飽きしない美味しさです!

300g台は皮の厚み、肉厚、脂ののり、全てがバランスの取れた感じで

食べた感があります。少量でも満足出来ます!

※300gの鰻の仕入値段はグラム当たり200g台のほぼ2倍します。

f:id:sakana-tensyu:20200811065710j:plain

   白焼き

f:id:sakana-tensyu:20200811065742j:plain

   タレ焼き

f:id:sakana-tensyu:20200811065806j:plain

   200g台白焼き

f:id:sakana-tensyu:20200811065844j:plain

   200g台タレ焼き

f:id:sakana-tensyu:20200811065923j:plain

   300g台白焼き

f:id:sakana-tensyu:20200811065950j:plain

   300g台タレ焼き