読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
飛騨季節料理 肴ではA5ランクの飛騨牛はもちろん、飛騨ならではの四季の食材を調達料理。
「肴 店主の日記」では、飛騨の旬の情報や食材、料理をご紹介します。
現在「スタッフを募集」しております。 野山を駆け回り食材の調達といったフィールドワークが好きで、調理補助、接客サービスに興味がある方はお電話(tel 0577-36-1288)にてお気軽にお問い合わせください。

幻の山越え天然山葵!

f:id:sakana-tensyu:20161102235300j:plain

f:id:sakana-tensyu:20161102235417j:plain

f:id:sakana-tensyu:20161103000432j:plain

 

f:id:sakana-tensyu:20161102231244j:plain

f:id:sakana-tensyu:20161102231308j:plain

f:id:sakana-tensyu:20161102231348j:plain

f:id:sakana-tensyu:20161102231510j:plain

f:id:sakana-tensyu:20161102231541j:plain

f:id:sakana-tensyu:20161102231613j:plain

f:id:sakana-tensyu:20161102231655j:plain

f:id:sakana-tensyu:20161102231739j:plain

   腐った舞茸

f:id:sakana-tensyu:20161102231842j:plain

月曜日お店の休みでしたので気合を入れて

昨年挑戦した幻の山越え山葵を求めて今年も行って来ました。

早朝5時に起き車で向かい7時頃にポイント近くに着きました。

その時の気温は1度で霜が降りていました!

リュックに必要な荷物を入れ目的の場所に向いました。

川を渡り山を一つ越え歩く事3時間少々かかり目的の場所に無事着きました。

途中熊の獣臭が強く感じたり熊棚があったりしてかなり緊張が走りました!!

笛を吹いたり大声を上げたりしながらの道のりでした。

流石にこの場所は誰も来てない様で場荒れはしていませんでした。

昨年は20センチ超えの山葵だけを間引き持ち帰りましたので

今年は特大の30センチ超えは見つける事が出来ませんでしたが

それでも全て20センチ前後の大きさはありました。

今回も大きい物は間引きましたので次回は3年後かな・・・

ただその時行く元気があるのでしょうか? ”笑い”

※山越えの天然山葵の動画こちらでご覧になれます!vol 1

※山越えの天然山葵の動画こちらでご覧になれます!vol 2

f:id:sakana-tensyu:20161102231925j:plain

f:id:sakana-tensyu:20161102231950j:plain

f:id:sakana-tensyu:20161102232019j:plain

f:id:sakana-tensyu:20161102232038j:plain

f:id:sakana-tensyu:20161102232102j:plain

f:id:sakana-tensyu:20161102232131j:plain

 

f:id:sakana-tensyu:20161102232440j:plain

f:id:sakana-tensyu:20161102232557j:plain